登録の有効期間及び変更届 、登録後の留意点、更新登録、変更登録について

トップページサイトマップ
行政書士による旅行業登録申請代行
メールでのお問い合わせ

登録の有効期間及び変更届 、登録後の留意点

第1種、第2種、第3種の旅行業登録には有効期間があります。
また、代理業については有効期間はありませんが、契約が有効であることが必要になります。
詳しくは下記をご参照ください。

旅行業者登録

@旅行業登録の有効期間は、登録の日から起算して5年間です(旅行業法第6条の2)。
したがって、登録の有効期間が満了したときは登録が抹消されてしまいます(旅行業法第20条第1項)。引き続いて旅行業を営もうとするときは、有効期限の2カ月前までに更新申請をする必要があります。(旅行業法施行規則第1条の4)。
A登録事項に変更があったときは、変更があった日から30日以内に届け出なければなりません。(旅行業法第6条の4第1項)。
B旅行業者は毎事業年度終了後100日以内に登録行政庁(1種の場合は国土交通大臣、2・3種の場合は都道府県知事)に対して取引額報告書を提出することが旅行業法により義務付けられています。この提出を怠ると更新手続き等に支障が生じますので注意してください。(旅行業者代理業は報告書を提出する必要はありません。)
C旅行業者は前年度の取扱実績報告を記載

旅行業者代理業登録

@旅行業者代理業の登録は、下記の事由により失効する。(有効期間はありません)
1)所属旅行業者のために旅行業務を取り扱うことを内容とする契約が効力を失ったとき。
(旅行業法第15条の2第1号)
2)所属旅行業者が登録抹消になったとき。(旅行業法第15条の2第2号)
A登録事項に変更があったときは、その日から30日以内に届け出なければならない。
(旅行業法第6条の4第1項)
ホームページ制作会社のウィズユー