旅行業とは何か?法解釈や定義、貴社の新ビジネスが旅行業法に抵触するかどうかを診断いたします。

トップページサイトマップ
行政書士による旅行業登録申請代行
メールでのお問い合わせ
トップページ> 旅行業とは何か

旅行業とは何か

旅行業法により規定されている旅行業の定義とは、1.報酬を得て、2.以下の行為を行う、3.事業をいう・・・・とされている。

1.報酬を得る

1.にいう報酬とは以下2.の旅行業務を行うことによって経済的利益を得ていた場合に、その利益を「報酬」という。具体的には、「旅行者からの依頼で、ホテルの予約手配を行い旅行者から受ける旅行業務取扱料金、あるいは旅行業者がバス会社やホテルなどから受けるコミッションなどがあたる」

語句の定義

2.以下の行為

2.にいう以下の行為とは以下の通りです。

1.企画旅行を企画、実施する行為。およびそれに付随して旅行者に宿泊又は運送のサービスを提供するために宿泊又は運送のサービス機関と自己の計算によって契約を締結する行為→企画旅行の詳細は語句の定義。※基本的旅行業務

2.旅行者のために宿泊又は運送のサービスの提供を受けることに関して、代理、媒介、取次ぎをする行為(例えば航空券や新幹線のチケットを予約することなど)※基本的旅行業務

3.宿泊又は運送のサービス機関のために、宿泊又は運送のサービスを提供することに関して、代理、媒介をする行為(例えば航空会社のために航空券を旅行者に代理販売することなど)※基本的旅行業務

4.利用運送・利用宿泊行為※基本的旅行業務

5.旅行者のための宿泊又は運送に付随して関連するサービスの提供を受けることに関し代理、媒介、取次をする行為(例えば音楽ライブの入場券の予約を行うことなど)※付随的旅行業務→付随的旅行業務の詳細は語句の定義。

6.宿泊又は運送に付随して関連するサービスの提供者のために宿泊又は運送のサービス以外の旅行サービスの提供を受けることに関し、代理・媒介をする行為(例えば遊園地の入場券を旅行者に販売することなど)※付随的旅行業務

7.各種手続きの代行や旅行者の便宜を図るサービス提供行為(例えばビザの取得代行などを行うことなど)※付随的旅行業務

8.旅行者から旅行に関する相談を受ける行為(例えば旅行費用の見積りや旅行情報の提供などを行うことなど)

語句の定義

3.事業をいう

3.にいう事業とは、上記2.の行為を反復継続して行う場合を事業という。具体的には
A)旅行の手配を行う内容を宣伝・広告している場合
B)店舗を構えて、旅行業務を行う内容の看板を掲げている場合
などです。ただし、グループ内で友人からたまたま旅行の幹事役を任され、その結果として友人もしくは旅館から謝礼を受けた、というような場合には受動的偶発的な行為であるので事業とはみなされない。

旅行業者代理業とはなにか?(旅行業者代理業の定義)

「報酬を得て」「旅行業を営む者(第1種、第2種、第3種旅行業者)のため」、「基本的旅行業務及び付随的旅行業務について」、旅行業者の代理人として旅行契約を締結する行為を行う事業をいう。

上記の各種事業を無登録で行うと罰金刑や不利益処分が下されます。また、昨今日本版SOX法の施行やコーポレートガバナンスの強化といったコンプライアンス重視の社会風土により、消費者が企業を見る目、取引先の企業を見る目も厳しいものとなってきています。もしも無登録営業とみなされて、罰金刑や不利益処分を受けてしまうと会社自体が大きなダメージを受けてしまうことになりますので、慎重に考える必要があります。御社の行いたい事業が旅行業にあたるかどうか、ご不明な場合には一度お問い合わせください。
ホームページ制作会社のウィズユー